×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



土石流諸元計算シートの修正点

「土石流諸元計算シート」に間違いが見つかりましたので修正いたしました。これまでダウンロードして頂いた方々
お気をつけくださいませ。m(__)m

修正点を下記に記します。

1.「数値入力シート」の計画堆砂勾配



「数値入力シート」の計画堆砂勾配は現河床勾配の2/3となるよう自動で計算されるようになっておりました
が、ここに”計画堆砂勾配の上限はi=1/6である”という計算を入れるのをすっかり忘れておりました。(^^;

修正しましたので、例えば「ダム位置上流の河床勾配」にi=1/3.5と入力すると2/3ならi=1/5.25ですが、計画
堆砂勾配の値はi=1/6となります。


2.「計算書シート」「2.ダムの水通し断面を求める場合」の勾配θ



流動中の土石流濃度Cdの値を算出する際に、「2.ダムの水通し断面を求める場合」で計画堆砂勾配を使
用しておりました。

計画堆砂勾配を用いるのは土石流の波高及び流速を算出するときだけで良く、土石流ピーク流量算出まで
は”現河床勾配”を用いなければ、「流体力を求める場合」と「水通し断面を求める場合」とで土石流ピーク流
量が違ってくる場合が出てきます。←それはおかしい。(^^;

現河床勾配が緩勾配の場合にはどちらにせよCd値が0.3になるので気付かなかったのですが、最近現河床
勾配i=1/3という現場があり間違い発覚!(^^;(^^;

ということで、修正いたしました。m(__)m

他にも多々あるような気がします。(^^;
お気づきの方は何とぞご指摘のメールをお願いいたします。極力速攻で修正したいと思います。m(__)m

ご指摘メールはこちら


トップへ
トップへ
戻る
戻る