×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




水無川

2003年04月10日

水無1号砂防ダム

水無川-01
近くの現場に出向いたついでに立ち寄って写してきました。
あいにくの曇り模様で、写りが悪いです。
後ろにぼんやりと写っているのは普賢岳です。



2003年04月10日

水無1号砂防ダム

このダムは火砕流・土石流の危険を考慮して、無人化施工で行われたそうです。
施工方法はRCC工法といい、土砂を型枠がわりに土砂とコンクリートを無人のローラーで転圧していき、コンクリートが固結後土砂を撤去するといった工法だそうです。



2003年04月10日

水無1号砂防ダム

水通し位置の下流面です。RCC工法の表面はゴツゴツしています。転圧の層が分かります。



2003年04月10日

水無1号砂防ダム

水通し袖小口部です。上に立っているのは土石流の検知レーダーか警報装置でしょうか。



2003年04月10日

水無2号砂防ダム




2003年04月10日

水無2号砂防ダム






トップへ
戻る